FC2ブログ

芸術と正しい技術



帰国後の結弦さんの

日本外国特派員協会と
日本記者クラブの会見から

印象的な結弦さんの言葉を
いくつか書き起こししておきたいと思います。


20180301221004315.jpeg


結弦さんの受け答えの能力の高さ

凄すぎです。


質問の意図を即座に判断し
質問に対する的確な言葉を瞬時に選び

自分の状況や考え方をきちんと伝わるよう
理路整然と長文を話す。


これは
なかなかできることじゃないと思う。


少なくとも
私にはできません(≧∇≦)



20180301224204a13.jpeg



芸術がもの凄く必要である競技であるがゆえに、技術的なものが発達し過ぎると、どうしてもその競技にふさわしい芸術が足りないということを、よくフィギュアスケートでは言われます。
ただ、芸術…バレエとか、例えばミュージカルとかもそうですけど、芸術というのは明らかに正しい技術、徹底された基礎によって裏付けされた表現力・芸術であって、それが足りないと芸術にはならないと僕は思っています。
だからこそ僕は、ジャンプをやる際、ステップをやる際、スピンをやる際、全てにおいて正しい技術を使い、そしてそれを芸術として見せることが一番大切なことだと思っているので。
もちろん、選手によっては、凄くジャンプが大事っていう人も、フィギュアスケーターの中ではたくさんいるし、それで勝って来ている人もいます。
ただ僕は、難しいジャンプを跳びつつ、やっぱりそれがあるからこそ芸術が成り立っているんだなぁというようなジャンプを、これからもしていきたいなと思います。




真・四回転時代の今季

ジャンプばかりにこだわりすぎるのは
プログラムとしてどうなの??


そんな意見
ありましたね。



そうではなくて

芸術性の高さは
正しい技術、徹底された基礎があってこそ。

全てにおいて
それが一番大切だと。


正しい技術と
高い芸術性は一体

自分はこれからも
それを演技で披露してみせます


…って
結弦さんの

演技に対する絶対的なポリシーを
世間に強くアピールしたこの言葉


柔らかい口調ではあったけど
とても強い思いが込められていたと思います。



20180301221001593.jpeg

2018030122100778d.png

201803012210059bd.png

201803012210108b3.png




結弦さん、
怒涛のテレビ出演が終わって
今は少しはゆっくりできているかなぁ。

仙台に帰れてたらいいな…と思います。





日本外国特派員協会会見



日本記者クラブ会見





お越しくださいまして
ありがとうございます。

写真・動画はお借りしたものがあります。
大変ありがとうございました。






ランキングに参加しています。
宜しければポチをお願いします。
いつもありがとうございます♡


人気ブログランキングへ


関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

ページの先頭へ戻る